Foil

Epic Foil surfing session / Naish Slash 2019

2018.06.20
朝から雨だった水曜日。
南東の風も混じり梅雨のクローズアウトコンディションでした。

今日Naish Japanから届いたライダー分のNaish Slash 2019。
今年は少し頑丈な箱に入って来ます、あまりに頑丈すぎて捨てるのが勿体無くなるくらい。
何かに使えそうなので取っておきま笑

箱から取り出すと。
今年のバックは歴代Naishでは珍しいバックのカラー、新鮮でいいですね。
サイズは5,7,9、それ以上のサイズはフォイルをやる機会の方が多そうなのでボクサーにする予定です。

もちろん使われている素材はTEIJINとNaishが共同開発したQuad Tex、昨年からNKBも使い始めてこのマテリアルがカイトの性能を劇的に変えていくことでしょう。
使って見るとその差は歴然です。

エアー周りは昨年と同じですね。

patagoniaのアンバサダーステッカーも貼りあとは風が吹くのを待つだけです。
2017のSlashから2018のSlashへの劇的な変化もびっくりでしたので今年どれだけ進化しているのかテストするのが楽しみで仕方ありません。

午後になると雨が上がり風も南西にスイッチ…..
朝から気になっていたポイントがあったのでフォイルアーミーとチェックして見るとやれそうということでまずは僕からパドルアウト。
ファーストライドから相当なラングライドをメイクできて確か昨日まで腰が痛くて動けなかったはずなのに…というくらいアドレナリンが出てあとは腰の痛みを感じることなくセッションすることができました。

テイクオフするとあとは厚いうねりだけが永遠と残るフォイルサーフィン に理想的なコンディション、フォイルを始めて乗れるようになった時にどの波が最高かがわかるようになりストームの後のこのポイントがいつも気になっていました。
フォイルがわかった人の中には絶対〇〇いいでしょ??という話題にもなったりとしていたのでここでやれてよかったです。
過去に遡るともう10年以上前はこのポイントの重鎮たちがこの場所での波乗りを心待ちにしていてたとえ波が決まっていたとしてもここでのビジターサーファーの波乗りはほぼ不可能でピークにすら近寄れないそんなスポットでした。

Hoshisan / Junphoto

Hoshisan / Junphoto
この時のセッションには僕もいてロングフェイスの波を乗り継ぐと湾の中ではなく外の景色に繋がりとておスケールの大きな波乗りができたことを覚えています。
その後ここでの波乗りは漁船の往路ということもありまた迂闊にエントリーできないといことでライディングする人がいても一部の知っている人、そして潮の満ち引きにかなり左右される場所なので本当にクイックセッションで終わらせる人がいるスポット。
僕がここでフォイルをやるタイミングとしても船の行き来がない、すでにサーファーがいない、あとはフォイルにいい波が割れているかどうかを判断基準にしてこの日は条件が全て揃っていたような気がしたのでGOでした。

初めてのポイント、マルコムも少し緊張気味…

最初はインサイド寄りで試し浮き….

テイクオフしてしまえばあとはレイルに乗ったような感じでロンググライド。
見る人が見ればわかりますが普通のボードだとこの波立ててもまっすぐいけるかいけないか….

Jasonさんもスケールの大きな長いうねりを滑ることによりフォイルから生まれるパワーに感動していました。

Jun

あとでgoogle mapで距離を見るとゆうに200mはライディングしていました。

Davesan

サイズあるうねりにチャージしていたベテランEIGクン、隣の夷隅ローカルですがこのポイントでまさかフォイルやるとは思ってもおらず僕と同じ生まれ育った場所でのエピックなセッションに感動していました。

EIGkun

Jun

Jun


Kennyさんはかなり長めのツィンザーで、”ここでやるなら遊び道具を変えないと”ととても貴重な言葉をいただきました。

かたや僕たちは4`10の長さのフォイルボードの下にはハイドロフォイルをつけて波を滑走、遊び道具の違いだけでこれも波乗りだと思います。

Davesan初フライト

Jasonさんのフォイルでは限界テイクオフからのボトムターンからのロングライド….さすがサンセットでの波乗りも物ともしない強靭な足腰….。


Cloud IX foil、そしてWCFCのセットでどんどん新境地を開いてくれているJasonさん。

EIGkun

ロングライドで消えて行きました….

ストーク….

Kennysan

Jasonsan

このスポットでのフォイルサーフ、いつまたできるかわかりませんがやったことでまだまだ可能性のあるピークもみつかりフォイルサーフなら乗れそうなのでまた次のスウェルが楽しみです。

エピックなセッション、一人ではなく普段からチャージしている仲間と共有できたことが何よりも嬉しいことでした。

いつもありがとうございます。

雨の中写真を撮ってくれていたIkekochanいつもありがとう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

ピックアップ記事

  1. 波に風に楽しめた土曜日

関連記事

  1. Foil

    FOIL練習日和

    2017.09.26朝の白里、割れづらいブレイクでしたが朝一は…

  2. Foil

    FOIL フィーバー / Jimmy Lewis ニューモデル

    2017.08.05昨日は台風の影響もあり潮の流れが右から左へとか…

  3. Foil

    FOIL DAY

    2018.06.05火曜日。朝の白里ビーチ、潮が上げている時間…

  4. Foil

    最高の環境でのセッション

    2017.06.11Sunday5:50amショップを…

  5. Foil

    Slow Monday

    2018.04.23月曜日。昨日に比べて肌寒い1日だった外房。…

  6. Foil

    FOIL SURF&SUP / Jimmy Lewis Hover craft

    2017.09.25朝一はSUPサーフスクールでしたがインサイドの…

Calendar

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

TED SURF

TAG index
"真剣に海で遊びたい"
そんな方のためのビーチハウス
TED SURF Ocean Sports
九十九里の丁度真ん中に位置するオーシャンスポーツに最適な白里ビーチまで歩いて一分の場所にあります。
サーフィンはもちろんのこと、風を使うカイトサーフィン、ウィンドサーフィン、世界中で人気のSUPとトータルにオーシャンスポーをカバーしている圏内随一のオーシャンスポーツショップです。
ショップのまわりにはウッドデッキが一面にはられ、海のコンディションに左右されず休日をゆっくり過ごしたい方、そして波、風のコンディションが整ったときには思いっきり海を楽しみたい方を120%サポートします。
TED SURF
www.ted-surf.com
mail@tedsurf.com
千葉県大網白里市南今泉4881-20

instagram

  1. Riding Report

    カイトサーフィン白里ビーチ
  2. Riding Report

    FOIL&KITESURF DAY
  3. Kitesurfing

    2013.04.28 SUP→Kitesurfing
  4. Staff

    残暑?
  5. Staff

    TED CUPの後は….
PAGE TOP