SUP

Sunset pro R1&repechage

Sunset pro day2
フォーキャストでは朝からウェストの風が強まるのでコンテストはlay dayになるかと思いましたが7時の時点でコールがかかったので今日からメインイベントに登場の本橋君ともにビーチへ。
IMG_9954 - 2015-02-14
今回Mel Surfboardの平沼さんがレンタカーを使わせてくれたのでボードの運搬など本当にたすかりました。
前日はホノルル在住のKoujiさんも一日ビックヘルプをしてくれてチームジャパン最高のサポート体制のもとメインイベントへ。

IMG_9961 - 2015-02-14
朝から快晴、心配していた風もまだ弱く早いうちはセットで8-10ftくらいで面もきれいなコンディション。
IMG_9965 - 2015-02-14
Team Naishの若手ライダー。
左からRiggs Napolen(ハワイ) ,Nainoa David(タヒチ)、そしてToby。
Riggsはお父さんがレジェンドウオターマン、その血を引きすでにサーフSUPでもチャージはするしレースも。
Nainoaもお父さんはあのレジェンドウオーターマン、ベディア.デヴィット。 今回のサンセットでもバックサイドで猛烈なチャージを見せつけていました。
Tobyは昨年の夏白子でライフガードをしていて9月のWaterman Leagueにも参戦しいい成績を収めていました、今回はシード枠でメインイベントから。 サーフSUPも相当なレベルです。
世界はどんどんこうした若手が出てきていて15歳くらいからこのサンセットに照準を合わせてきている、もちろん技術的レベルはまだまだかもしれないけどこのサンセットに出たという自信がきっと次のブラジルや、ハンティングトンで花を開かせるのだと思う。

本橋君のヒートはR1 / Heat9。
対戦相手はスターボードのトップライダーSean Poynter、Fisher Gran、そしてマウイのJosh Riccio。

IMG_9956 - 2015-02-14
サイズもある波、一瞬のグリップミスが致命的なのでパドルにワックス。IMG_9972 - 2015-02-14
そしてヒートスタート。
ES6Q8401 - 2015-02-14

ES6Q8401 - 2015-02-14
ES6Q8404 - 2015-02-14ES6Q8407 - 2015-02-14
テイクオフしてもはってこない波が多く、思ったようにポイントを稼げずR1で敗退しrepechageでR3への望みをつなぐ本橋君。
ES6Q8389 - 2015-02-14
プロダクションモデルの8`10×26でライディングしていたBeau Nixon、これも市販されていないモデルでチームライダースペックボード。
いぶし銀的なライディングで着実にコマを進めていました。
ES6Q8383 - 2015-02-14
Moのボードキャディをするジェーシー、先日のトライアルで僕と同じヒートでしたがボードが小さくて一本ものれずサイズを聞いたら8`0×24、しかも一度真っ二つに折れたのをつなぎ合わせたボード….。
ノーサポートでもこうしてこの場にきてサンセットにチャージしていく….日本でサポートされている若手にも是非この光景を見てもらいたかった。
彼だけでなくブラジルから来たライダーも同じで15ftオーバーの波を想定してなくてもっているのは7ftのボロボロのカスタムボード、顔面蒼白でアウトサイドに向かっていくその姿はまず生ぬるい環境でサポートされている若手には絶対できないことだと思います。
IMG_0567
マウイ.ワイエフサイドで練習をしている若手選手のボード。
たぶんサポートされているわけでなく、きっと次のボードを買えるまでSUPはできない…..でもこの悔しさが次のバネになっていくんでしょうね。
ES6Q8296 - 2015-02-14
Moのボードはレジェンドシェイパー、Pat Rawsonシェイプ。
Fucus SUPとして日本でもカスタムオーダー可能です、もちろんショップでもオーダーできますので興味のある方はなんなりとお尋ねください。
Moのボードはミドルセクションからは厚みをそのまま残しテイルの厚みも他のボードに比べればありレイルはかなりボキシーなイメージ。
その代わり幅はきっと24インチあるかないかの感じでグラブなしで普通に脇に抱えているのでぱっと見は普通のサーフボードです。

ES6Q8303 - 2015-02-14
バックサイドで最高得点をたたきだしていたStar BoardのZane Schweitzer。
最高にナイスガイです。
R1/Heat8
このヒートは完全にMoが支配していてR3へ
ES6Q8314 - 2015-02-14
Mo Freitas
ES6Q8316 - 2015-02-14
Mo Freitas
ES6Q8318 - 2015-02-14
Mo FreitasES6Q8322 - 2015-02-14
Mo Freitas
ES6Q8323 - 2015-02-14
Mo Freitas
ES6Q8324 - 2015-02-14
Mo FreitasES6Q8326 - 2015-02-14
Mo Freitas

R1/Heat10
ES6Q8428 - 2015-02-14
Toby CracknellES6Q8429 - 2015-02-14Toby CracknellES6Q8435 - 2015-02-14
素晴らしいライディングをしていたTobyですが同じオーストラリアのBeauにやぶれrepechargeへ。

R1/heat11
このヒートはかなり接戦でKody Kerbox,Giorgio Gomez,Ninoa David。

ES6Q8440 - 2015-02-14
ES6Q8441 - 2015-02-14
Ninoa David
ES6Q8444 - 2015-02-14
Kody KerboxES6Q8445 - 2015-02-14
Kody KerboxES6Q8446 - 2015-02-14
Kody Kerbox
こヒートを制したのはウィンディコンディションでもマウイというたえず風にさらせるコンディションの中トレーニングをしているKodyが安定したゲーム運びでR3へ、そしてトライアルから勝ち上がっていたハワイアンのKawaika Kinimakaガラウンドアップ。
地元ハワイアンがなかなかラウンドアップできない中次のジェネレーションのハワイアンライダーがラウンドアップしていくことでハワイでのSUPが盛り上がっていくことを願います。

ヒートは淡々と進みRepechargeへ。
この頃になると沖は白波でビンビン、テントも飛んでいきそうになるくらいのタフなコンディションですがさすがWaterman League、妥協なくヒートが淡々とす進んでいきます。

Repercharge/ heat18
Kiran Grant, Naishの今一番伸びてきているNoa Glinella、スターボードのトップライダー Connor Baxter、そしてマサ.モトハシ。

ES6Q8454 - 2015-02-14

ES6Q8456 - 2015-02-14
The SUP movieでも準主役的存在で登場していたNoaですが、まさかのR1敗退、そしてRepecharge。
バックハンドでチャージをみせていましたが点が伸びず….
ES6Q8467 - 2015-02-14
同じくレフティのConnor、お手本のようなバックハンドでライディングを積み重ねていきますがNoaと同じく点数がのびず….

そんな中続けざまでグッドセットをつかみ6点後半のポイントを叩き出していたモトハシくん。

ES6Q8506 - 2015-02-14
ES6Q8509 - 2015-02-14
ES6Q8512 - 2015-02-14ES6Q8513 - 2015-02-14 (1)
ES6Q8513 - 2015-02-14
このリパチャージ、トップ選手を抑えてなんと1位勝ち上がり。
Connor、Noaを破ったことはもちろんですが日本人でここまでのレベルとゲームを落ち着いてこのサンセットで支配できる選手は今のところ彼だけ、彼の頑張りを現地でライブで見て自分の中でのモチベーションもあがりました。
R3アップおめでとう!

Repechargeまでの全てのヒートが終了し、この日のスケジュールは終了。
残りR3、クオターファイナル、セミファイナル、そしてファイナルを残すのみ。

全てのヒートが終了するの見計らうかのようにKai Lennyが登場。

ES6Q8486 - 2015-02-14

ES6Q8488 - 2015-02-14
8`10×23(たぶん)のボードで水が山のように動き回る海面を沈みながら、それでも安定してゲッティングアウトしていく。
この調子でレースボードも漕いでているのだから彼にとってみれば全てがリンクしていてこのボードで波に乗ることでレースボードのトレーニングに、そしてレースボードでタフなコンディションで漕いでいることがビックウェイブでのテイクオフスキルをアップしているのだと思う。
Kaiがオールマイティライダーの代表ですが、レースだけでなくこうしたコンディションでもチャージするし、レースでもトップにいく。
彼らのSUPへの取り組み方を見ているとまだまだ自分にもやることがあるんだなとモチベーションがあがります。

そしてKaiのライディング。
この時間帯になるとたぶんブローで10mは軽くオーバーしているウィンディコンディション。
そんな中ウェイストからのスウェルをビシッと掴み弾丸のようなテイクオフからのディープなボタムターン。

ES6Q8530 - 2015-02-14ES6Q8533 - 2015-02-14
ES6Q8535 - 2015-02-14ES6Q8536 - 2015-02-14ES6Q8537 - 2015-02-14ES6Q8538 - 2015-02-14
ES6Q8542 - 2015-02-14ES6Q8543 - 2015-02-14
ES6Q8544 - 2015-02-14
正直このライディングを見たときにSUPもここまできたか….というのが正直な気持ちで彼のライディングはサーフィンでもなく、SUPそのものではなく、そのボトムでのドライブ、そしてそこからのフルドライブでのトップターンはホキーパのウィンドサーフィンに匹敵するくらいのスピード感でした(もちろんセイルはついていませんが)。
このドライブ感、スピードはWCTの選手でも出せない、また違う波乗りですね。
この時他のライダーはフリーサーフしていなかったの比較できなかったのですが、彼のライディングは完全にネクストステージに上がって行ってしまったような気がします。
ただ、これを見た世界のトップはKaiのボード、Kaiのライディンをまた研究しそのためにトレーニングをしていくわけでこれが来年にはスタンダードになっていいくのは間違いありませんね。

何れにしてもこのSUPサーフに関しては今Kaiが引っ張っているのをまじまじと感じることができました。

Naishのチームライダーのいるテントにはチームライダースペックのボードが。

IMG_0569
8`0×25、これはKodyが今テストしている8ft。
IMG_0573
8`4×25のセミガン、アウトライン、バランスもよさそうで台風、日本のアウターコンディションで調子が良そうなデザイン。
IMG_0571
もちろん、日本でこのスペックのボードを必要としているライダーは皆無だと思いますがこれらのハイスペックボードをR&Dされることによってエンドユーザーにとってハイパフォーマンスなボードを手にいれることができるようになるなど思います。
なかなかNaishの四六時中Naishのボードをのっている僕でもこうしたボードに触れる機会がないのでこうしてみることでボードデザインについてもっと深く考える時間を与えてくれました。

ここから数日間はコンディションが安定せずLay dayに。

残すはあと一日…..

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

ピックアップ記事

  1. 波に風に楽しめた土曜日

関連記事

  1. SUP

    SUPスクール

    2014.07.15今日も朝からSUPスクール。女性2名の男性…

  2. SUP

    木曜日….

    午前中はSUPスクール で夷隅川。午後から白里ビーチへ。…

  3. Kitesurfing

    秋晴れ

    2013.09.29日曜日。朝からSUPのオーダー、そ…

  4. SUP

    今年一年のしめくくり

    2014.12.31今年もいよいよ最後の一日に。大晦日、乗…

  5. SUP

    happy sunday

    2013.10.27台風一過の九十九里。朝は北西のほぼ…

  6. Staff

    SUPスクール

    朝の太東。波はすこしワイド気味でしたが昨日の朝よりはいく分サイズア…

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

TED SURF

TAG index
"真剣に海で遊びたい"
そんな方のためのビーチハウス
TED SURF Ocean Sports
九十九里の丁度真ん中に位置するオーシャンスポーツに最適な白里ビーチまで歩いて一分の場所にあります。
サーフィンはもちろんのこと、風を使うカイトサーフィン、ウィンドサーフィン、世界中で人気のSUPとトータルにオーシャンスポーをカバーしている圏内随一のオーシャンスポーツショップです。
ショップのまわりにはウッドデッキが一面にはられ、海のコンディションに左右されず休日をゆっくり過ごしたい方、そして波、風のコンディションが整ったときには思いっきり海を楽しみたい方を120%サポートします。
TED SURF
www.ted-surf.com
mail@tedsurf.com
千葉県大網白里市南今泉4881-20

instagram

  1. Kitesurfing

    春本番
  2. SUP

    風が弱く….波もなく….C4 SUP入荷〜
  3. Pivot

    オフからオンショアを求めて
  4. SUP

    surfing school
  5. Staff

    2013年回想録/ 上半期
PAGE TOP